歯の黄ばみ対策で評価されている歯医者なら安田デンタルクリニック

歯科医師歯医者に必要な資格は、言うまでもなく歯科医師の資格です。これを得るためには、厚生労働省に認定された正規の歯学部のカリキュラムを修め、そのうえで国家試験に合格する必要があります。歯学部を卒業すれば自動的に資格が得られるわけではなく、歯学部を卒業したうえで、試験に合格する必要があるのです。そもそも、歯学部自体が難易度が高いため、歯医者になるのは狭き門ということができるでしょう。


日本においては、歯科医師は医師とは別の資格となっています(諸外国のなかには、歯科医師と医師はダブルライセンスが必要な業務もあったりと、密接にかかわっている場合もあります)。

歯科医師の資格を得ることによって、歯医者として独立開業ができるようになりますが、一般的には資格を得たあと、数年間の臨床研修という形で知識や技能を磨いていくという方が多いです。また、歯科医師としての資格を得ることによって、同時に食品衛生管理者や衛生検査技師などの資格を同時に得ることができます。


歯医者として働くには、さらに専門分野を磨き、専門医や認定医として専門性を高める方もいらっしゃいます。専門医資格としては、口腔外科専門医、歯科麻酔専門医、小児歯科専門医などいくつかの資格があります。さらに口腔インプラント専門医や歯科保存専門医などの学会認定専門医、日本矯正歯科学会認定医や日本歯科審美学会認定医など複数の認定医の資格があります。現在は、より専門性を磨く歯科医師が多いことから、これらの専門医を目指す方も多くいらっしゃるようです。